2020年12月27日日曜日

12月 のぞみカフェ

 今年最後のクリスマスイブののぞみカフェ、ケーキもプレゼントも
ありませんでしたが、ゴスペル歌手もエルさんのクリスマスソングを
礼拝堂で聞きながら、温かい気持ちになった方も多かったのではないか
と思います。

続いて、言葉の処方箋、樋野先生の本の朗読があり、セルフサービスで
紙コップで好きな飲み物と個包装のお菓子を取って、3つの部屋とズームに
分かれてカフェタイム。

グループのメンバーによって、話題は様々ですが、あっという間の1時間でした。

その後、礼拝堂に離れて座って、ZOOMでの参加者も交えて一言感想の時間
があり、パスする方は自由に、話したい方はマイクのそばで、話しました。

コロナ禍ではありますが、リアルが15人で初めて参加された方が3人、
ズームが10人でした。

特につらい方には、話す場所が必要だと思います。

消毒や検温など安全対策に心がけながら、来年ものぞみカフェは
毎月第4木曜日2時から川越のぞみ教会とオンラインZOOMでの
ハイブリッドでやっていきますので、遠方の方も遠慮なく参加して
いただければと思います。

担当スタッフ 

がん哲学外来市民学会 認定コーディネーター 高橋直美
       ↓
naomitakahashi126@gmail.com








2020年12月4日金曜日

11月ののぞみカフェ

がん哲学外来のぞみカフェも5年を迎え、生み出し手である、樋野興夫先生をお迎えして、対策を練りつつ、会場に19名、そして、zoomに12名が参加して、ハイブリッドで確認と祝いの時を持ちました。

オペラ歌手の小野島さんとゴスペル歌手のエルさんから、歌のプレゼントも3曲ありました。

樋野先生の新しい本「聖書とがん」の販売もしました。

語り合う場の大切なこと。

4人に1人は癌細胞を持っていること。

戦わず、自分の一部として受け入れること。

じっくり考えたり、笑い合ったりする一時が、5年間続けられたことに皆で感謝いたしました。


*参加者の声*

川越のぞみカフェ5周年おめでとうございました。

いろいろとご奉仕ありがとうございました。

温かいお交わりと恵みを頂いて感謝します。

母が入院して1ヵ月以上となり、意識が回復しませんし、面会もできなくなり、 自分の中でフリーズしている状況がありました。

ズームであっても人と会って語ることのできる喜びを感じました。

「思いやり算」、ホントにそうだなと思いました。

西岡先生ご夫妻や教会の皆さま、賛美のELe さん、小野島さんにも感謝です。

のぞみカフェがますます祝福されますように、お祈りしています🙏


12月は24日木曜日

クリスマスイブの日です。

ささやかにクリスマスをお祝いしたいと思います。



2020年9月28日月曜日

がん哲学外来@川越 のぞみカフェ 開設5周年記念シンポジウム

 

のぞみカフェ 開設5周年記念シンポジウム
11月28日 木曜日 開催します





9月24日 のぞみカフェ

 9月24日のカフェは、リアルのグループで5人. ズームで2グループに参加した11人、総勢   16人がハイブリッドで集いました。最近の患者さんの体験に、みんな心を合わせる、一時もありました。

11月の5周年の準備も兼ねてリアルもズームでも、心置きなく、お話ができたと思います。



2020年9月13日日曜日

8月ののぞみカフェ

8月27日

13名の方々がリアルとズームで集まりました。

リアルを希望する声も多く、ズームからリアルのみに変わっていく時期についても話し合いました。


先が見えない中でともかく一緒に会える時が感謝でした。

2020年7月26日日曜日

7月ののぞみカフェ

7月23日 木曜日 
2時から4時

のぞみカフェはハイブリッド
教会とzoomに19人が集まり、
4つのグループに分かれて、
偉大なるお節介の話をしつつ、
お互いの心を話し、聞き合いました。

4名の新しい方、懐かしい方、病院からの
参加の方もおられました。
空っぽの器に、みなさんの声と心を注いで
くださり、みんなの元気につながったこと
嬉しく思います。

ゴスペル歌手のエルさんから
歌のプレゼント
がんで亡くなったお母様に捧げる
自作の歌 「メッセージ」

最後はテーマソング
「365日の紙飛行機」をズームの人は
ミュートにして全員で歌いました。

8月も第四木曜日2時から
お申し込みをお願いします

kawagoenozomichurch@gmail.com




2020年6月28日日曜日

6月ののぞみカフェ

今回はハイブリッド
全国から18名の方が教会とzoomに集まり、
初参加の方もいましたが、スクリーンを
通して語り合いました。

患者と家族の気持ちの違いなど、
相手の立場に耳を傾けた貴重なひと時
となりました。   

最後はいつものテーマソング
365日の紙飛行機

ゴスペル歌手のエルさんと
まり子先生の歌を聞きながら、
マイクをミュートにして自宅で
思いっきり歌いました。


zoomがあることで、遠方からの参加者
も増えています。時間や場所、
外出制限のある患者にとっての
居場所になれたらとも思います。